従来は技術マネジメントの関心は、R&D活動や成果そのもののみに向けられてきました。しかし、技術においても外部のステークホールダーに目をむけ、それらステークホールダーに自社に関する活動を理解してもらう努力をし、最終的に企業価値向上に結びつけるのが、技術広報の役割です。

 

技術広報の役割

技術広報の役割

 

技術広報の最終目的は、企業・事業価値向上ですが、それは自社のR&D活動・成果をPRすることに止まりません。技術広報活動により自社のR&D活動・成果を伝え、そのフィードバックを得ること(例えば、技術活動の開示により、潜在的パートナーを探す等)は、その後の自社の活動の方向を決めたり、自社の技術者の活性化という意味で極めて重要です。ある場合には、このフィードバックを得ることを技術広報の活動とすることもあり、そのような例は最近増えてきています。

 

技術広報の双方向性

技術広報の双方向性

 

技術広報においては、各ステークホールダーに対する自社の期待を明確にし、その期待を実現する為の活動を決めることが重要となります。

技術広報

上記表 PDFファイル