Top
対象領域生産財マーケティング > コミュニケーション

 

コミュニケーション

「コミュニケーション・モデル」にはいくつかのバージョンがありますが、B2Bにおいては以下が適当ではないかと考えています。

 

B2B製品のモデル

B2B製品のモデル

 

各段階により、最適なコミュニケーション手段は異なります。

各段階によるコミュニケーション手段

コミュニケーションのそれぞれの段階により、提供情報量やカバーする範囲は変わり、それぞれに応じた手段を活用する必要があります。

提供情報量やカバーする範囲

インターネットや携帯電話は提供情報量も多く、同時にカバーできる範囲も広く、B2Bの世界においても画期的なマーケティング手段と言えます。

画期的なマーケティング手段