Top
対象領域 > 立ち上げ

 

立ち上げ

既存事業は当然のことならが、不確実性は相対的に低く、また市場に関する知識も豊富に社内に蓄積され、自社の仕組みは整備充実し、またアクションの方向性も比較的明確です。ミッション・ビジョンや戦略は必ずしも整備されている訳ではありませんが、それが明文化されていなくても事業として成立ちます。

一方で、新規事業においては不確実性は高く、市場に関する知識も極めて限定されている上に、放っておけば自社の仕組みは全くの未整備で、どこから手をつけて良いかわからないのが現実です。

既存事業

 

新規事業

既存事業と新規事業

 

限られた経営資源と時間の中で、また不確実な環境下で、既存事業と同じような体制を構築することは不可能ですし、また合理的でもありません。従って、これら新規事業の現実を所与の条件として踏まえ、以下のような重点を押さえたメリハリのある展開をすることが重要です。

新規事業立ち上げに求められる体制

新規事業立ち上げに求められる体制